『新任現場責任者育成講座③ どんな困難も乗り越える施工管理術』DVD

おすすめ商品

¥ 33,000 税込

商品コード: D-cr-13

関連カテゴリ

  1. DVD
  1. DVD
  2. キャリア別能力養成
数量


DVD「新任現場責任者育成講座」シリーズ
新任現場責任者が身につけてほしい内容を3部に分けて構成しています。




新任現場責任者
育成講座①


新任現場責任者
育成講座②


新任現場責任者
育成講座③



*お得なセット割引はこちら!
「【20%OFF】新任現場責任者育成講座①②③セット」




はじめて現場責任者として担当する若手技術者のバイブル

「十分な教育をしないまま若手社員に現場を任せて、トラブルになってしまった」
「施工計画、工程表、予算書の作成に時間がかかり、残業や休日出勤が増えてしまう」
「協力会社や近隣住民とのコミュニケーションがうまくいかず悩んでしまう」

このような経験はないでしょうか?
この原因は体系的に現場運営に関する知識を教育していないことです。

このような状況では
発注者との信頼関係が失われてしまい
また工程や予算を守れないことで会社にも悪影響となり
将来性のある若手社員にとっても大きなマイナスです。

一方、「体系的に教育する方法がわからない」
「OJTの名のもとに教育は担当上司に任せきり」
「現場では部分的にしか学ぶことができず、
施工計画、工程表、予算書作成をきちんと学んでいない」
という課題が多く見受けられます。

DVD「新任現場責任者育成講座」では、
はじめて現場責任者として担当する若手技術者
もしくは今後現場責任者として育成したい若手技術者が
現場運営に最低限必要な知識を身につけることを目的としています。

このDVDを学ぶことで、若手社員が自信を持って
現場を担当することができるようになり
その結果、長く活躍する建設技術者に成長することでしょう。


シリーズ③の特徴

第3部では、「どんな困難も乗り越える施工管理術」と題して
工事が終わった後に分析ができる知識を身につけます。

現場を運営していると、工期が遅れたり、予想以上の原価がかかったりします。
工期短縮、原価低減を実践して、いかに工期と予算を守ることができるかが重要です。

また、現場の安全や顧客満足を高めるコツと、問題の真の原因を突き止める
「なぜなぜ分析」を習得できるよう解説します。

工事終了後には、工事原価の精算をし、歩掛かりをまとめて
次の工事に活かすことが重要です。

現場責任者が工事後にデータをまとめる技術を身につけることができる
ので、常に改善することができる現場責任者になるでしょう。

講義と演習を組み合わせていますので、自習もしくは社内研修などにて
参加者が演習の解答を直接書き込んで学ぶことができます。
飽きずに学べる工夫をしていますので、社内研修にぜひご活用ください。



DVD収録時間:2時間48分




本DVDは『若手施工管理技術者(入社3〜5年)スキルアップセミナー』のリニューアル商品です。
すべて再撮影を行っていますが、一部内容が重複します。
※『若手施工管理技術者(入社3〜5年)スキルアップセミナー』は現在取り扱っておりません。




収録内容

モデル工事
1. 工期短縮、原価低減の基本
 ①工期短縮手法
 (1)工期短縮5つの手法
 (2)なぜ中間チェックが必要か
 (3)工期が遅れる理由とは
 (4)進捗率でなくあと何日?
 (5)工程管理手法
 ② 原価低減手法
 (1)現場のムダをなくす方法
 (2)ムダが発生すると原価はどう変わるか

2.現場の安全度と顧客満足度を高める工夫
 ①安全パトロール13のポイント
 ②顧客満足度を向上させる方法
 (1)顧客満足度とは
 (2)工事成績を上げる7つの手法
 (3)施工プロセスのチェック手法
 ③同じ失敗を繰り返さない方法
 (1)なぜなぜ分析実施のポイント
 (2)なぜなぜ分析事例
 (3)現場で発生した問題に対して再発防止策を検討する 

3.工事結果を振り返って次の工事に活かす
 ①実行予算書
 ②施工実績
 (1)工事日報
 (2)施工状況
 (3)実績工程表
 ③原価実績まとめ
 (1)実績原価まとめ
 (2)実績原価管理表
 (3)実績工程管理表(実績歩掛かり)
 ④外注費歩掛かり管理表
 (1)実績外注単価の算出
 (2)発注単価の妥当性を確認する 



パッケージ内容
DVD1枚
テキスト

発売年月
2020年12月24日

対象者
はじめて現場責任者として工事を担当する建設技術者、もしくはその候補者

発行元
ハタ教育出版

視聴者の声
■工期短縮、原価低減の手法を理解することができたので、
 工程と予算を守ることができました。

■歩掛かりの知識が高まり、協力会社からの見積もりのチェックを
 論理的に実施することができるようになりました。

■工事の精算は行ってことがありませんでした。
 先輩社員にも教えようと思います。


※たいていの場合PCの「ダウンロード」に保存されます
<2021/07版>