『残業を削減する7つの方法』DVD

新商品

¥ 22,000 税込

商品コード: D-mn-10

関連カテゴリ

  1. DVD
  1. DVD
  2. 経営者・幹部向け
数量

残業や休日出勤を減らせない建設業界

「働き方改革関連法」が施行され、
2024年以降は、残業時間を45時間以内に削減させなければなりません。

一方、天候の影響を強く受け、工期順守の要求が強い建設業界では、
なかなか残業や休日出勤を減らせないことも事実です。

また、残業を減らすために社員を増やそうとしても、
新規採用は難しく、逆に退社する人が増えている現状もあります。

「社員の残業を減らしたいが、何から始めたらよいか分からない。」
「残業時間を削減すると、工期が遅れてしまう。」
「業務の効率化をどのように進めれば良いのかわからない」
 

――そういった声を多く聞きます。


建設会社が残業を削減する方法

残業が多い原因は、
①仕事の量が多いこと、②仕事の実施スピードが遅いこと -です。

そこで本DVDでは、この2つの原因を解決するために、
建設会社が残業を削減する方法を7つ解説します。

1.人を増やす
2.外部委託、内部委託
3.機械化、自動化、ICT化
4.休日カレンダーを見直す
5.多能工の推進
6.個人と組織の時間管理方法を見直す
7.重要で緊急でないことを実施する
 

残業を削減するためには、制度改革と風土改革が欠かせません。
現場指導3000件を超える講師が、実例を交えながら解説いたします。

残業を減らし、休日を増やす組織改革の際にぜひご活用ください。

付属のテキストを印刷すれば、社内研修などにて
参加者が直接書き込んで学ぶことができます。

一人でパソコンで学んだり、
勉強会で全員が一緒に学ぶなどの方法でご活用ください。



DVD収録時間:2時間15分




収録内容

第1章 労働基準法、働き方改革関連法
1-1.労働時間の考え方
1-2. 36協定
1-3. 休日
1-4. 賃金
1-5. 医師による面接指導
1-6. 働き方改革関連法の概要

第2章 残業が多い理由1;仕事の量が多い
2-1. 不要な社内書類、会議が多い
2-2. 協力会社とのやりとりが多い
2-3. 顧客とのやりとりが多い
2-4. 業務を委託しない。また委託先や委託できる人がいない
2-5. 手待ち、手戻り、手直しが多い

第3章 残業が多い理由2;仕事の実施スピードが遅い
3-1. ICT、自動化、機械化を活用していない
3-2. 上司のリーダーシップが低い
3-3. 個人の技術力(知識、経験)が低い
3-4. 個人の時間管理の能力が低い
3-5. 業務が標準化されていないので時間がかかる
3-6. 上司へ忖度している
3-7. 残業代が生活費になっている

第4章 残業を削減する7つの方法
1 人を増やす
2 外部委託、内部委託
3 機械化、自動化、ICT化
4 休日カレンダーを見直す
5 多能工の推進
6 個人と組織の時間管理方法を見直す
7 重要で緊急でないことを実施する

第5章 人を大切にする100のチェックリスト
5-1. 人を大切にする100のチェックリスト(建設業版)
5-2. 心理的安全性を高める方法

第6章 エンゲージメントを向上させる
6-1. 従業員エンゲージメントと従業員満足度
6-2. エンゲージメントを高めるための12の質問



パッケージ内容
DVD1枚
テキスト

発売年月
2022年2月3日

対象者
経営幹部、経営者、教育・人事担当者

発行元
ハタ教育出版

視聴者の声
■残業を削減する方法がよく分かりました。また、制度を整えるだけでなく、
 社員の意識を変え、風土を変えることが大事だと理解できました。
 自社に落とし込んでいきたいです。

■チェックリストなど具体的に質問に答えることで、
 自社の状態が客観的に分析できたのが良かったです。
 点数の低いところを重点的に補っていきたいです。

■ICTの活用など、どのようなサービスを利用したらよいのか、
 分かりやすく教えられていました。早速社内で活用しました。

■残業に関する法律について正確に知ることができました。
 これまで学ぶ機会がなかったので、とても勉強になりました。

■「制度」より「風土」を変えることの重要性と、その手法に気づくことができました。


※たいていの場合PCの「ダウンロード」に保存されます
<2022/01版>