セール『令和2年改正対応 1日で理解できる 建設業法、下請法 7つのポイント』DVD

おすすめ商品

通常価格:¥ 33,000 税込

¥ 26,400 税込

商品コード: D-sk-12

数量

令和2年改正対応 1日で理解できる 建設業法、下請法 7つのポイント

膨大で難解な建設業法と下請法を、工事に直接関係する箇所のみ
大きく7つのポイントにまとめました。

建設業法、下請法について、まったく知らない人でも
わかりやすいように解説しております。

これまでの基本の法律に加えて、
令和2年度に改訂された内容も説明しています。

配布テキストを印刷することで、社内研修などにて
参加者が直接書き込んで学ぶことができます。

また、全62問の設問を各章の終わりに解答することで、
集中して学び、理解度を高めることができます。

演習問題を解答する時間を含めても、3~4時間程度で
建設業法、下請法の概要を学ぶことが可能です。


本DVDは『1日で理解できる 建設業法6つのポイント』のリニューアル商品です。
再撮影を行っていますが、一部内容が重複します。
※『1日で理解できる 建設業法6つのポイント』は現在取り扱っておりません。






収録内容

1. 建設業法の目的と概要 ~建設業法とは~
  1) 建設業法の目的とは
  2) 一般建設業と特定建設業の違いは
  3) 元請:特定建設業者の責務とは
  4) 建設業法に違反すると
    演習問題7問

2. 配置技術者 ~だれを配置すればいいのか~
  1)工事現場に配置する技術者とは
  2)専任の監理・主任技術者が
    必要な工事とは
  3)JV(共同企業体)工事における
    技術者の配置
  4)監理技術者資格者証とは
    演習問題13問

3. 下請負契約 ~契約する時に注意しなければならないこと~
  1) 適正な手順による
    下請契約締結とは
  2) 請負契約書はなぜ必要か
  3) 工事の一括下請負とは
    演習問題9問

4. 施工 ~施工中に配慮すべきことは~
  1)建設業法で定める
    標識の掲示とは
    演習問題3問

5. 下請代金の支払い ~支払い時に注意することは~
  1)下請代金の適正な支払とは
    演習問題6問

6. 作成図書 ~現場で作成しないといけない書類は~
  1)施工体制台帳とは
  2)施工体系図とは
  3)再下請負通知書とは
  4)施工体制台帳の作成手順は
  5)施工体制台帳の記載内容と 
    添付書類は
  6)施工体制台帳記載の
    下請負人の範囲は
  7)帳簿及び営業に関する
    図書の保存とは
    演習問題11問

7. 下請法 ~建設業法が該当しない協力会社への対応~
  1)下請法が該当するか
  2)著しく低い下請代金は禁止
  3)親事業者の禁止事項
  4)発注書面の交付
  5)公正取引委員会、
    中小企業庁の取り締まり
    演習問題13問





DVD講習時間

DVD収録時間:約2時間52分


パッケージ内容

DVD1枚
テキスト


発売年月

2022年7月4日(月)


対象者

建設業従事者、現場代理人、技術者、担当者


発行元

ハタ教育出版


講師紹介


ハタコンサルタント株式会社 代表取締役
NPO法人建設経営者倶楽部 理事長
降籏 達生


1961年、兵庫県神戸市生まれ。

小学生の時に映画「黒部の太陽」を観て、
困難に負けずにトンネルを掘り進む男たちの姿に憧れる。

83年に大阪大学工学部土木工学科を卒業後、熊谷組に入社。
ダム工事、トンネル工事、橋梁工事など大型工事に参画。
阪神淡路大震災にて故郷兵庫県神戸市の惨状を目の当たりにして開眼。
建設コンサルタント業を始める。

建設技術者研修22万人、現場指導5000件を超える。
東京オリンピック施設、マンション傾斜問題等にて、
建設の専門家としてテレビ、ラジオ、新聞取材多数。

国土交通省「地域建設産業生産性向上ベストプラクティス等研究会」、
「キャリアパスモデル見える化検討会」、
「建設業イメージアップ戦略実践プロジェクトチーム」の委員を歴任。

現在、『あなたの居場所はここにある』をモットーに、
少年を一流の建設職人に育成する「Gリーグ;技能リーグ」設立活動をしている。

「がんばれ建設~建設業業績アップの秘訣~」は読者数21,000人、
日本一の建設業向けメールマガジンとなっている。


視聴者の声
■建設業法、下請法のポイントが7つにまとめられており、
 法律の理解が深まった。もっと早く購入すべきだった。

■演習問題が60問近くあり、動画を見るだけでなく実践ができるのがよかった。

■ちょうど質問をしたいと思っていたところが、詳しく解説されていた。
 痒い所に手が届いて満足。

■建設業法、下請法をどのように学んだらよいか迷っていましたが、
 このような教材があって助かりました。

■社内の勉強会で活用しました。どの年代の社員でも理解しやすい内容なので、
 こちらの説明が楽になりました。


※たいていの場合PCの「ダウンロード」に保存されます
<2022/01版>