集合研修

技術提案 文章力・提案力 強化 2日間コース

【社団法人 全国土木施工管理技士会連合会 CPDS12ユニット認定】
【社団法人 日本建築士会連合会CPD12ユニット認定】

12名限定!!
技術提案書を作成するための提案力、文章力を高める。
特別メニューによる短期集中講座。

技術提案書を作成するための提案力、文章力を高めるための
特別メニューによる短期集中講座です。
2日間で徹底的に提案力、文章力を高めることができます。
少人数制のため、あなたに合わせた講座運営で
確実に提案力、文章力を高めることができます。

技術提案書作成に慣れている中上級者はもちろん、
これから取り組もうとしている方にもご参加いただけます。

【コースの目的】

文章表現力を高める
着眼点を確実に抽出する力を高める
・豊かな発想で提案を考える力を高める
評価の高い技術提案書を作成する力を養成する
ヒアリングに適切に対応する力を高める

FAXでお申し込みの方は →申込用紙(PDF)をダウンロードする

カリキュラム

■1日目

12:00~13:00 第1講 オリエンテーション 文章力を高める
発注者に評価される表現力を身につける
主語と述語を明確にすることで理解力がアップする
事実、意見、一般論を書き分ける
13:00~15:00 演習(個人作業&添削、個別指導)
文章力向上演習効果的な箇条書きの書き方を身につける

提案表題の効果的な付け方
定量化した表現に変える方法
文章能力に幅をつける
15:00~16:00 第2講 着眼点を見つける
発注者、近隣住民の「不安、不快、不満」を知る方法
論理的な着眼点の見つけ方
工程に沿って着眼点を見つける方法
16:00~17:00 演習(個人作業&添削、個別指導)着眼点抽出演習
「工程、着眼点一覧表」に工程に対応した着眼点を記載する
「あり、ため、おそれ用法」を用いて着眼点を文章化する
作成した文章を添削してより明快な文章にする
17:00~18:00 第3講 提案発想力を高める
技術提案を発想する方法
技術提案を定量化して記述する
期待効果を明確にする
効果が発揮される根拠を明確にする
18:00~19:00 演習(個人作業&添削、個別指導)技術提案発想演習
「着眼点、技術提案一覧表」に技術提案を記載する
「すれば、となる。なぜなら用法」を用いて技術提案を文章化する

セミナー概要

対象者
建設会社(土木、建築、建築設備、電気、プラント)
建設コンサルタント会社(設計、測量、補償、監督支援等)における技術提案書作成担当者、
提案力・文章力を高めたい建設技術者
開催日程

1日目:12時〜19時  2日目:9時〜15時  合計13時間(正味12時間)


【東京会場】
2020年3月10日(火)~11日(水)
2020年12月8日(火)~9日(水)

【名古屋会場】
2019年9月12日(木)~13日(金) 満員のため受付終了※
2020年6月2日(火)~3日(水)

【大阪会場】
2019年12月3日(火)~4日(水) 満員のため受付終了※
2020年9月8日(火)~9日(水)

※満員の日程はキャンセル待ちでお申し込みを受け付けております。
 詳細はお問い合わせください。

開催場所
【名古屋会場】
ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
 地図は コチラ
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より
●JR名古屋駅桜通口から ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
●ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

 

【東京会場】
イオンコンパス東京八重洲会議室
 地図は コチラ
東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビル4階
●JR「東京駅」八重洲中央口より徒歩4分

【大阪会場】
イオンコンパス大阪駅前会議室
 地図は コチラ
大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル15階
●大阪駅から徒歩3分、JR東西線「北新地駅」直結

参加費
【一 般】 60,000円  【コンテク会員】 55,000円
>>コンテク会員とは

■早割 実施中
開催2ヶ月前 3,000円オフ
開催1ヶ月前 2,000円オフ

キャンセルポリシー
研修開始日の7日前(土日祝除く)までにキャンセルのご連絡をいただいた場合は、受講料からキャンセル料金(1,000円)を引いた金額をご返金いたします。それ以降のキャンセルはキャンセル料金として受講料の全額をご負担ください。なお、代理の方の参加は可能です。
受講開始後、受講者ご本人様の都合により受講を中断された場合は、受講料の返金はいたしかねます。

 

※早割の場合
研修開始日の7日前(土日祝除く)までにキャンセルのご連絡をいただいた場合は、受講料の50%からキャンセル料金(1,000円)を引いた金額をご返金いたします。それ以降のキャンセルはキャンセル料金として受講料の全額をご負担ください。なお、代理の方の参加は可能です。
受講開始後、受講者ご本人様の都合により受講を中断された場合は、受講料の返金はいたしかねます。

講師

降籏 達生
ハタ コンサルタント株式会社代表取締役/建設技術コンサルタント

小学生の時に映画「黒部の太陽」を観て、困難に負けずにトンネルを掘り進む男たちの姿に憧れる。
1983年大阪大学工学部土木工学科卒業後、株式会社熊谷組にてダム工事、トンネル工事、橋梁工事など大型工事に参画。
阪神淡路大震災にて故郷兵庫県神戸市の惨状を目の当たりにして開眼。技術コンサルタント業を始める。
建設技術者研修5万人、現場指導2000件を超える。 NPO法人建設経営者倶楽部KKCを設立し、200社以上の建設会社業績向上を達成。
日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞、中日新聞などへの記事掲載、テレビ朝日「グッドモーニング」「モーニングバード」、テレビ愛知「ニュースアンサー」、中京テレビ「キャッチ!」、名古屋テレビ「ドデスカ!」など、メディア出演多数。
「がんばれ建設~建設業業績アップの秘訣~」は読者数18,000人、日本一の建設業向けメールマガジンとなっている。
子供のなりたい仕事ベストテンに建設技術者を入れるための活動をしている。

◇ 技術士(総合技術監理・建設部門)文部科学省 登録NO.29172
◇ APECエンジニア(CIVIL,STRUCTURAL)
◇ 労働安全コンサルタント(厚生労働省登録)
◇ 第二種情報処理技術者
◇ NPO法人 建設経営者倶楽部KKC 理事長
◇ 名古屋商工会議所/愛知県商工会連合会 エキスパート
◇ 社団法人土木学会 フェロー会員

【受講生の声】

総合建設会社(三重県)

このセミナーに参加して、多くの問題点を解決できました。
文章作成の基本、技術提案の方法、また、参加者との交流で多くのことを学び、自信につながりました。そして、メリハリある講義が緊張感を保てて楽しかったです。

大手橋梁建設会社(長崎県)

新たに学んだ、着眼点と対策の客観的な評価方法と、定量化しにくい提案はPDCAで回すこと、は、とても勉強になりました。
これから実践していきたいと思います。なんとか良い結果を報告できれば。ありがとうございました。

大手プラント建設会社(東京都)

今まで、技術提案書にムラがある(いい提案と悪い提案の差が激しい)と言われており、文章力や着眼点、技術提案のセオリーを学びたく受講しました。
今回の研修では、着眼点と対策を独自のスコアゲージでランク付けを行うことで、客観的な技術提案書の骨格を作る手法を身につけられました。
今後、社内に帰って今までの提案でスコアが良かったものをリスト化し、社内で水平展開をして受注に結び付けたいと思います。
とても有益な内容での研修、ありがとうございました。

大手建設会社(東京都)

・提案書作成までの準備段階で、シートを作ったまとめ方をすることで頭の中が整理できる
・さらに点数を付けて数値化することで、発注者のお題に合った提案を絞り込める
・実際の提案書を使うことで、過去の提案書を冷静に振り返って自己添削し、さらに改善案をアドバイスしてもらえる

総合建設会社(奈良県)

マニュアル通りのセミナーや講習会でなく、多くの経験に基づいて、こちらの状況に合わせた指導をいただきましたので、大変分かりやすく、充実した時間を過ごせました。
作業の進め方やデータベースとしての活用方法など、大変参考になり、すぐに役に立つと考えます。
他の社員にもぜひ受講してほしいです。

建設コンサルタント会社(愛知県)

文章表現が大変分かりやすく表現できるようになりました。また、着眼点の洗い出し、それの対応策の抽出において「技術提案作成一覧表」の活用が大変参考になりました。社に持ち帰り利用したいと思います。

建設コンサルタント会社(愛知県)

業務を発注する人が何を求めているか、具体的にどこまで求めているか、我々は過去の業務でどこまでやってきたのか、そういった問題に対して、すぐに改善できる点もあることに気づきました。
一つひとつの工程をひも解いて解決していく、見直す方法は技術提案だけではなく、自分の人生のスパンでも役立つと思いました。活用します!
他部署の社員にもぜひ参加してほしいです。本日はありがとうございました!

総合建設会社(三重県)

文章はなんとかうまくまとめて書けていたと思いますが、提案するものが果たして発注者の求めているものなのかどうなのかと聞かれると疑問でした。
しかしこのセミナーで、今まで漠然と作っていた技術提案についても方向性が見えてきました。

総合建設会社(三重県)

漠然としていたものが、数値化されることではっきりとしました。まさに目からウロコといいますか、非常にショックを受けました。
施工者の立場からではなく、発注者・第3者からの客観的な立場から冷静に物事を見れば、今までがいかに甘く浅はかな考え方であったかと思い知らされた2日間でした。

大手プラント建設会社(東京都)

文章の骨格を見れる手法を学べて良かった。受講後は気分的にもスッキリする文章が組み立てられるようになった。この手法を自社に広めたいと思う。
一覧表の点数が低い場合、PDCAで対応するというのは、たいへん勉強になった。ありがとうございました。

匿名希望

今回の強化2日間コースに参加し、今までどの様に作成すれば良いか悩んでいましたが、技術提案を考えるポイントと流れがよくわかりました。あとは、根拠を出すための情報収集が日頃から大事だと思いました。

匿名希望

着眼点及び対策とも数値化することにより、何が大事で何が抜けおちているかが明らかになりました。目標点数を取るまでの道が見えた気がします。
あと、様々な地域の人たちと交流ができ、非常に勉強になりました。

S社S様・建設業

短い簡潔な事例が多くわかりやすかった。また、記入したうえでディスカッションをするため、様々な考え方や手法を身につけることができると思う。
今回のセミナーのテーマは、わが社にとって大きな課題となっていたものだった。体系的に習うことにより、鳥の目、魚の目、虫の目で見る着眼点という手法が よく理解できた。ただ聞いただけで終わらず、会社に戻り、実践の中で磨いて、会社に、そして自分自身に落とし込んでいくことが重要であり、またその活力を いただいた。

Y社K様・建設業

わかっているようでわからないことがいっぱいあった。経験だけに頼った、偏った考え方ではなく、基本に沿って考えていきたい。今期に入って国交省の物件を一つも受注できていないため、これを機会に技術提案を見直しリベンジしたいと思う。

T社H様・建設業

様々な講習に参加しているが、退屈せずわかりやすい講習だった。今まで技術提案は自分(自社)の都合で書いていたことに気づいた。スタッフの数を増やし、思いついたことを言い合う場が大事だと感じさせられた。

FAXでお申し込みの方は →申込用紙(PDF)をダウンロードする

DVD(約3時間)で
学べます!
書籍で
学べます!
無料ノウハウ集
公開中!
技術提案の超達人
~技術提案ワンポイントコース~
『受注に成功する!
土木・建築の技術提案』
技術提案で高い評価を得る方法